新着情報一覧

   トップページに戻る
2024.02.28 (水曜日)
非常勤職員採用試験(業務員、事務推進員)最終合格者発表

 

最終合格者(PDF)

安佐動物公園(業務員)

安佐動物公園(事務推進員)

植物公園(業務員)

2024.02.16 (金曜日)
緑化講習会「春の息吹を感じる寄せ植え作り」参加者募集

「春の息吹を感じる寄せ植え作り」

ガーベラ、アリッサムなどを使った寄せ植えです。

🔴日時:令和6年3月15日(金)13:30~15:30

🔴場所:広島市中区基町4番41号 中央公園ファミリープール管理棟2階

🔴材料費:2,000円

🔴定員:30名(応募者多数の場合は抽選)

🔴応募方法:往復ハガキに、講座名、住所、氏名、電話番号を記入の上、
        2月28日(水)【必着】までに
        〒730-0011 広島市中区基町4-41
        (公財)広島市みどり生きもの協会 経営企画課へ
        

🔴問い合わせ先:(公財)広島市みどり生きもの協会 経営企画課
            TEL 082-228-0815
            FAX 082-228-1891

2023.05.01 (月曜日)
緑化指導者を派遣します。

市民の方が自ら企画・実施する草花や樹木に関する講習会に講師を派遣します。

 < 派遣の対象等 >
 ○ 5人以上が参加する講習会が対象です。
 ○ 同一団体が行う講習会に対する緑化指導者の派遣は、年4回が限度です。
 ○ 1回当たりの講習時間は、1時間以上で3時間が限度です。

 案内リーフレットはこちら(PDF)

 緑化指導者派遣申請書こちら(PDF)

2023.03.28 (火曜日)
令和4年度「広島市みどり生きもの協会賞」の贈呈について

(公財)広島市みどり生きもの協会では、広島市の公園緑地事業及び緑化推進事業の発展振興に著しく寄与された個人または団体を対象に「広島市みどり生きもの協会賞」を贈呈しています。

  【広島市みどり生きもの協会賞の概要】
   <対象>
    広島市の公園緑地事業及び緑化推進事業の発展振興に著しく寄与した「論文」「技術」「実務」
   <賞の種類>
    ① 広島市みどり生きもの協会賞
    ② 広島市みどり生きもの協会奨励賞

 

 このたび、受賞者を決定し、表彰式を行いました。

 受賞者 
  ◎ 世羅 徹哉
   ・ 贈呈する賞の種類:広島市みどり生きもの協会賞

   ・ 表 彰 理 由:永年にわたり広島市植物公園に携わり植物の
             多様性や魅力をわかりやすく伝える植栽整備を

             推進し来園者が憩い楽しめる公園づくりに取り
             組むとともに多くのラン科植物の収集展示を行
             うなど同園の地位の向上に多大な貢献をされま
             した。

 

表彰式の様子(PDF)

広島市みどり生きもの協会賞受賞者一覧(PDF)

2022.04.01 (金曜日)
広島トヨペット交通公園の指定管理者が替わりました。

 広島トヨペット交通公園は、指定管理者が(公財)広島市みどり生きもの協会から(株)第一ビルサービスへ
令和4年4月1日に替わりました。

 

広島トヨペット交通公園の新しいホームページは下記のとおりです。

 

広島トヨペット交通公園

2020.11.17 (火曜日)
“花と緑のおもてなしプランター”によるまちなか緑化

“花と緑のおもてなしプランター”によるまちなか緑化

 第37回全国都市緑化ひろしまフェア「ひろしま はなのわ 2020」は11月23日に閉会します。
 同フェアのメイン会場(旧広島市民球場跡地とその周辺)への通り道となる紙屋町シャレオ西通りに設置している65基の“花と緑のおもてなしプランター”は、プランターによるまちなか緑化のモデルとして、引き続き今年12月末まで設置する予定です。
 また、金座街商店街と仏だん通りに設置している35基の“花と緑のおもてなしプランター”も今年12月まで設置する予定です。
 11月上旬には、上段のプランターをポインセチアに交換しており、クリスマスシーズンを迎える通りを華やかに彩っています。
 この取組みは、一般社団法人広島市造園建設業協会が公益財団法人広島スポーツ文化財団の助成事業を活用して実施しているもので、民有地の緑化を支援する当協会の緑のまちづくり事業との連携を目指しています。

2020.05.27 (水曜日)
“花と緑のおもてなしプランター”によるまちなか緑化への取り組み

“花と緑のおもてなしプランター”によるまちなか緑化への取り組み

 第37回全国都市緑化ひろしまフェア「ひろしま はなのわ 2020」のメイン会場(旧広島市民球場跡地とその周辺)の集中展開期間は5月24日で終了しました。(他会場を含む同フェア全体の開催期間は11月23日までです。)
 現在、メイン会場への通り道となる紙屋町シャレオ西通りを鮮やかに彩っている65基のプランターボックス(上下2段に全部で130個のプランター)は、プランターによるまちなか緑化のモデルとして、引き続き今年11月まで設置する予定です。
 また、金座街商店街と仏だん通りに設置している35基のプランターボックス(上下2段に全部で70個のプランター)も、引き続き今年11月まで設置する予定です。
 この取り組みは、一般社団法人広島市造園建設業協会が公益財団法人広島スポーツ文化財団の助成事業を活用して実施しているもので、民有地の緑化を支援する当協会の緑のまちづくり事業との連携を目指しています。


 

2020.01.16 (木曜日)
“花と緑のおもてなしプランター”によるまちなか緑化に取り組んでいます。

 “花と緑のおもてなしプランター”によるまちなか緑化に取り組んでいます。

 今年3月19日から旧市民球場跡地をメイン会場に開催される第37回全国都市緑化ひろしまフェア「ひろしま はなのわ 2020」に向けて、市民の皆さんの緑化意識を高め、広島を訪れる国内外からの観光客を花と緑でお迎えするため、市中心部の商店街や通り沿いをプランターで緑化しています。
 このプランターによる緑化は、一般社団法人広島市造園建設業協会が公益財団法人広島スポーツ文化財団の助成事業を活用して実施しているもので、民有地緑化の推進を目的とする当協会の緑のまちづくり事業との連携を目指しています。
 昨年11月30日には、「ひろしま はなのわ 2020」カウントダウンイベントの開催に合わせて、旧市民球場跡地のメイン会場への主要な通り道となる紙屋町シャレオ西通りに65基のプランターボックス(上下2段に全部で130個のプランター)が設置され、西通りを鮮やかに彩っています。
 その他にも、金座街商店街と仏だん通りに35基のプランターボックス(上下2段に全部で70個のプランター)が設置されており、プランターによる緑化のモデルになっています。
  

   トップページに戻る

Copyright 2012 Hiroshima City Flora and Fauna Association All Rights Reserved.

ページ上部へ